借地権の買取りは業者にお任せ

借地権の買取りにはさまざまなトラブルが生じる可能性が高く、法的な手続きが必要になると弁護士の手配から裁判所での手続きなど、経験や知識がないと個人で手続きをするのは困難です。また、弁護士費用や裁判費用などのコストもかかるため、大きな損を抱えてしまうことにもなりかねません。

借地権や底値の買取りを専門に行っている業者には、このような手続きやコストをサポートしてくれるところもあり、白紙解約を回避できるノウハウも持っています。素人が付け焼刃で知識を得て、交渉に臨んで地主を激怒させてしまったという例も少なくありません。

借地権の売却には、借地権割合がベースとなるものの、借地権割合がもともと相続税における評価額を算出するためのものであるため、借地権場一脚の評価額そのものを示すものではありません。エリアや建物の状態、周辺地域における売買制約実績などによっても査定価格が変わってくるとともに地主との交渉の内容によって大きく左右されるものです。

専業者であれば、正確な知識に基づいた適正価格を提示することができます。また、業者に買取りしてもらうことで、長い時間をかけることなく借地権を売却することが可能となります。