面倒な借地非訟

借地権の譲渡や売却、借地上の建物の建て替えや増改築に関する借地人からの申し出が地主に承諾されない際に、借地借家法・借地非訟事件手続きに規定された法的な手続きを借地非訟といいます。借地人が裁判所に対して申し立てを行い、裁判所は、借地人と地主、双方の事情を考慮しながら許可の可否を判断します。

許可を認めるケースのほか、地代や承諾料の支払いを借地人が命じられるケースもあります。借地非訟には、借地条件変更の申立、増改築許可の申立、土地貸借権譲渡または転貸許可の申立などの種類があります。

借地人が借地に建てた建物を第三者へ売却する場合には、地主に承諾を受ける必要があることは民法にも定められています。地主に許可を求めても認められない場合、裁判所が相当と認めた後に、「土地所有者の承諾に代わる許可の裁判」を受けることができます。しかし、地主にも介入権が与えられ、裁判所が決めた価格で借地権を第三者より優先的に買取りすることが可能となります。

借地非訟は、手続きの面倒さとともに裁判所が相当と認めるべき内容を揃えなければならず、専門家に介入してもらったほうがスムーズに事が進みます。また、借地非訟手続きは時間と労力を要する割には、借地人、地主、どちらにとっても大きなメリットとはなく、最終手段としてとっておくべきです。そうなる前に専門家に依頼することがトラブル回避につながるでしょう。