借地権の買取り方法

「借地権付きの建物を相続したが、今後使用する計画がない」「借地権付き住宅に居住していた両親が高齢となり、引き取って同居することになったので処分したい」「地主に地代や更新料が値上げされ、金銭的に余裕がないのでこれを機会に処分してしまいたい」など、さまざまな理由から借地権を売却したいと考えることがあります。

借地権は無条件で地主に返還するものと決めつける必要はありません。借地権を無償で地主に返還すれば、底地権とともに完全所有権を与えることとなり、更地にした土地の価値があがるため、地主にとっては最もメリットのある状況となりますが、借地人にとっては何もメリットがありません。

借地権の処分を考える際に、まず思いつくのは土地の所有者である地主に借地権の買取りをしてもらうということでしょう。最も理にかなった方法ではありますが、借地権の譲渡価格を巡って借地人と地主の間で揉めることが多いケースとなり、なかなか交渉が進まないのが現実です。そんな際に、借地権や底地権取扱い専門店の仲介によって円満解決することもあるようです。

また、地主ではなく第三者に借地権の売却を行うという方法もあります。地主以外の第三者に借地権を売却する場合は、あらかじめ地主からの承諾許可を得る必要があり、この協議で揉めてしまうことも少なくありません。もうひとつの方法は、借地権を買取業者に買い取ってもらうことです。借地権の知識が豊富なプロが買取りの当事者となるため、地主がなかなか売却や譲渡を認めない場合でも解決することがあります。